入札参加資格

特殊伐採

今年度より、富士宮市役所から競争入札参加資格をいただきました!

そして、令和3年4月20日、初の《業務委託入札指名通知書》が届きました。

《令和3年度 白尾山公園樹木伐採業務》

白尾山公園は富士宮市街地の南にある素敵な丘陵緑地公園。富士山と街が一望でき、市民のみならず市外からの来園者も多い人気公園。

業務内容は、その公園の枯れてしまった樹木(36本!)及び倒木を伐採処理することです。

駐車場から公園への入り口に立つカシが枯れている。
これもカシ
メイン遊具やターザンロープの近くのコナラの大木も。。

昨年(令和2年)の8月ごろから、富士山周辺・県東部・伊豆地域など広域的にナラ枯れが発生しました。

ナラ枯れは、ナラ、カシ、シイ類の樹木が突然かれてしまう病気です。

原因は『カシノナガキクイムシ』という昆虫が運ぶ『ナラ菌』が、樹木の幹の内部に入り込み、通水機能(水を吸い上げる機能)が奪われ、樹木が枯死してしまうものです。

今回、初の入札指名。

伐採対象は、36本のナラ枯れの木(しかも大木が多い….)と倒木。

場所は公園内だったり駐車場内。人が多い。伐採する木のそばに遊具や自販機がある。車がある。園路やら池やら東屋やら生垣やら、なんやかんやいろいろある。

高所作業車が要る、レッカーも要る、グラップルもダンプも、そして樹上伐採も!

こりゃ難易度高ぇわ。。 普通に倒せない。 This is 特殊伐採。

ぼくは、『腕利きのチェンソーマン』を呼び、この白尾山公園樹木伐採業務の見積もりをしました。

入札日時は、4月27日 AM9:00 富士宮市役所3階 入札室。

当日は、指定の入札室に業者が5社、入札に来ました。

市役所 花と緑と水の課は、今回6つの業者に指名通知を出したそうです。

そのうちの1社は入札を辞退。残り5社のうちのどこが獲るか。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ