ごみゼロ大作戦‼ in Aokizaka 20210620

ごみゼロ大作戦‼

前回:「捨てる人」からのつづき

      

どうすれば、「捨てる人」がポイ捨てをしなくなるか。

森を明るくしても、何度もゴミ拾いしても、「不法投棄は罰金が科せられます!」といった警告看板が立ってても、

「捨てる人」は、まったくその行為をやめようとしない。まるで、ある種の依存症のように。

         

ポイ捨てされたゴミは、当然、負の空気を放っている。

もしも、溌溂とした雰囲気を放つゴミがあったとしたら、、社会はそれを文化と云うかもしれないが….。

通り沿いの森に投げ棄てられるゴミたちは、当然、破れたり、汚れたり、くたびれて、腐りはじめたりしていて

「捨てる人」その人の心がそのまんま貧しく転がり散らばっているようだ。

美しいわけがない。

        

どうすれば、「捨てる人」がポイ捨てをしなくなるか。

もしも、溌溂とした雰囲気を放つ...

そうか! 「捨てる人」の心には、「溌溂としたもの」が効き目あるのかも!

      

と、いうことで、ぼくは中村さん(5/12のブログをご覧ください。)と企画して、『ごみゼロ大作戦‼』と称し、地元中学校の生徒たちに参加を呼び掛けて、青木坂のゴミ拾い活動を実施することにしました。

溌溂とした地域の児童たちが、ゴミを拾ってくれている姿は、きっと地域に良い影響を与えてくれそうです。

地元、上野中学校に「ごみゼロ大作戦‼」のチラシを配らせていただき参加を募りました。

つづく

      

こんな看板を立てたんだから、実行していかなければ。
富士山も見守っていてください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ