素敵なキコリさん(Ⅱ)

特殊伐採

仕事仲間に素敵なチェンソーマンがいます。

山崎 竜男さん。

竜ちゃんは、フリーランスのチェンソーマンです。樹上伐採・樹上剪定の技術のみならず、ツリーデッキ・ツリーハウス・樹上アスレチック・木工品などを制作する技術も併せ持ち、その腕を買われて、全国から声が掛かる技術者です。(フォレストアドベンチャーなどの設営に呼ばれて全国各地へ)

彼に相談して、令和3年度 白尾山公園樹木伐採業務の入札は、フォレストラヴェルが勝ちとることが出来ました!

竜ちゃんは、静岡市葵区在住ですが、以前からこの白尾山公園を気に入っていて、休日には時々、子どもたちと一緒によく遊びに来ているそうです。

公園のメイン遊具の近くに、いっぽんのコナラの大木が生えていて、彼はこの木がお気に入りでした。なぜなら、そのコナラは、ツリーハウスやツリーデッキを築くのに理想的な姿をしているので。

「ここに来るたびに、この木の前で、デッキづくりのイメトレして、木と親しむ子どもたちとか人の顔を想像したりしてたんすよね。」

と聴かせてくれました。

けれど、その大木は枯れてしまい、今回の伐採の対象木です。

「まさか、この木を俺が伐ることになるとは...。」

まずは、22mのスカイマスター(高所作業車)で届くところまで….。

樹上から

本当ならこの又の部分を活用させて欲しかったけれど・・・

思い入れのある木だった….

竜ちゃんが中心となって、仲間のキコリたちが集まり、連日作業に取り掛かってくれました。

5月10日に開始し、長雨に阻まれながら、また公園内の樹木伐採だけあって、通行人・見学人に見守ってもらいながら、36本の樹木及び倒木処理を、無事に事故や怪我もなく6月1日、作業を終えることが出来ました。

途中、「キコリの姿を取材したい」と撮影する人が来て、竜男さんのくり抜き編集動画をくれたので、載せますね。(編集に撮影者さんのイタズラ心を感じますがw )

山崎竜男さんは、静岡市で開催されたアートイベント 術 – jutsu – の主催メンバーです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ