路傍の森が

森のちから

人の目を森に向けたくて、地域の人々がよく通る道沿いの森を整備しました。

それまでの森は、手入れされておらず、こんなに暮らしの近くにあるのに、

ただそこに、無表情にあって、誰からも目を向けられず、声もしない森でした。

もしも、森から楽しそうな笑い声が響いて、笑顔の森がひろがる町だったりしたら、

素敵じゃないですか。

整備前
整備後
整備前  木々が混み合っているので、日陰も濃い。冬は路面凍結に繋がる。
整備後  さっぱり伐りました。
整備前  沿道のスギ・ヒノキ人工林。ほとんど植えた時のまま、本数が過密でした。
整備後  木漏れ日がたくさん注ぐようになりました。
整備前  沿道の人工林に倒木被害が出ていました。
整備後  道路に向かって傾いたままだった木を伐採し地面に寝かせました。
整備前  竹がひしめき合って植生の多様性が失われています。
整備後  竹を皆伐。埋土種などが芽生えくるのを見守っていきます。  
道路沿いに看板を立てました。
地域の人たちと笑顔がある森づくりをやっていきたいです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ